e-65 TOPページいろいろな支援精神障害者保健福祉手帳

精神障害者保健福祉手帳

精神障害者保健福祉手帳とは 利用できる人
問い合わせ先 備考

精神障害者保健福祉手帳とは

手帳を持っていることで
次のようなサービスを受けられる制度です。
・NHK受信料の減免
・税制上の優遇措置
 所得税、住民税、相続税の控除など
 自動車税・自動車取得税の軽減(手帳1級)
・生活福祉資金の貸付
など

お住まいの地域の自治体によって
独自のサービスを提供している場合があります。
・公営住宅の優先入居、利用料割引
・公営施設の利用料割引
・交通機関利用料の助成
など

携帯電話の使用料割引など
民間企業が独自のサービスを提供している場合もあります。

利用できる人

認知症などで、
長期間にわたり生活上の制約がある人が利用できます。

問い合わせ先

市区町村の精神保健福祉に関する窓口
保健所
障害者就業・生活支援センター

備考

手帳の等級について
1級から3級まであります。

診断書について
申請には、診断書が必要です。
診断書の記載には次のような条件があります。
・精神保健指定医
 その他精神障害の診断または治療に従事する医師による
・認知症の初診から6カ月以上経ってから など
くわしくはご確認ください。

手帳の有効期間について
有効期間は2年間です。
更新手続きは有効期間終了の3ヶ月前からできます。

(2011年9月現在)

あなたが閲覧したページですあなたが閲覧したページです

Copyright © 2001, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.