e-65 TOPページいろいろな支援自立支援医療(精神通院医療)

費用負担への支援 

自立支援医療(精神通院医療)

自立支援医療(精神通院医療)とは 利用できる人
問い合わせ先 備考

自立支援医療(精神通院医療)とは

障害者自立支援法により、
精神科に通院して認知症の治療にかかる費用の一部を
国が負担する制度です。

自立支援医療には、次のような特徴があります。
・自己負担が1割になる
・所得などにより、ひと月あたりの負担額に
 上限が設けられている

利用できる人

自立支援医療受給者証が必要です。

自立支援医療受給者証は、
通院による精神科医療が継続的に必要な人に交付されます。
年齢は問いませんが、所得により利用できない場合があります。
まず、かかりつけの精神科医師に相談してください。

問い合わせ先

市区町村の障害・福祉に関する窓口
(障害福祉課、保健福祉課など)
保健所
障害者就業・生活支援センター

備考

自立支援医療制度が適用される医療の範囲(認知症の人の場合)
医療機関に入院しないで行われる医療費
(外来、外来での投薬、デイケア、訪問看護など)

認知症とは別の傷病に関する医療費や、
入院医療の費用には適用されません。

自己負担限度額の軽減
次のような条件にあてはまる場合は
ひと月あたりの自己負担額の上限が
引き下げられる可能性があります。
・1年間で「高額療養費」の支給を4回以上受けている
・医師から、入院によらない計画的かつ集中的な精神医療が
 継続的に必要であると判断された など
詳しくは、ご確認ください。

(2011年9月現在)

医療費控除 高額療養費 高額介護サービス費
高額医療・介護合算療養費 自立支援医療(精神通院医療)  

あなたが閲覧したページですあなたが閲覧したページです

Copyright © 2001, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.