e-65 TOPページいろいろな支援いろいろなサービス

介護保険による支援 

いろいろなサービス

自宅で利用できるサービス 通うサービス
福祉用具を使う 住宅改修(リフォーム)
泊まる・暮らすサービス 小規模多機能型居宅介護
問い合わせ先  

自宅で利用できるサービス

サービス利用料の1割を自己負担します。

訪問介護
訪問介護員が自宅を訪問し
日常生活の中で不自由を感じることを支援します。

訪問看護
看護師が自宅を訪問し、健康の維持・回復を支援します。

訪問リハビリテーション
理学療法士(PT)、作業療法士(OT)
言語聴覚士(ST)などが自宅を訪問します。
身体の機能の維持・回復を支援します。

訪問入浴
看護師や介護員が
入浴の設備や簡易浴槽を積んだ車で自宅を訪問します。
自宅の浴槽を使うことが難しい人の入浴を支援します。

居宅療養管理指導
医師、歯科医師、歯科衛生士、
薬剤師、管理栄養士などが自宅を訪問します。
暮らしの状況に合わせた療養のためのアドバイスを行います。

通うサービス

サービス利用料の1割を自己負担します。

通所介護(デイサービス)
入浴や食事、健康チェック、趣味活動などを通じて、
日常生活を支援します。

通所リハビリ(デイケア)
身体の機能の維持・回復を支援します。

福祉用具を使う

用具をレンタルする
ケアプランにおいて必要とされる福祉用具をレンタルできます。
サービス事業者や品目によって料金は異なります。
レンタル料の1割を、利用料として自己負担します。

用具を購入する
直接肌に触れるなどの衛生的な理由により、
レンタルに好ましくない福祉用具を購入するとき
購入費の9割が介護保険から支給されます。

住宅改修(リフォーム)

ケアプランにおいて必要とされる住宅改修をする場合、
上限20万円までの改修費のうち、9割が支給されます。

泊まる・暮らすサービス

サービス利用料の1割を自己負担します。

短期入所生活介護(ショートステイ)
短期間の生活・宿泊が可能です。
食事や入浴など日常生活を支援します。

短期入所療養介護(ショートステイ)
短期間の生活・宿泊が可能です。
食事や入浴など日常生活を医療からも支援します。

介護老人保健施設(老人保健施設)
自宅での暮らしを目指す人のために
日常生活を医療からも支援します。

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
自宅での生活が難しい人のために
暮らしの場として生活を支援します。

介護療養型医療施設
病状は安定したけれど長期間の療養が必要な人のために
医療、ケア、身体の機能の維持・回復などを支援します。

認知症対応型共同生活介護(グループホーム)
認知症の人が少人数で共同生活を送る場です。
スタッフの支援を得ながら暮らすことができます。

特定施設入居者生活介護
介護保険の特定施設として指定された
有料老人ホームやケアハウスなどで暮らす人の
生活を支援します。

小規模多機能型居宅介護

通うサービスを中心に、
自宅への訪問や短期間の宿泊を組み合わせて
日常生活を支援します。

問い合わせ先

・市区町村の介護保険に関する窓口
・地域包括支援センター

地域包括支援センターは地域支援マップで検索できます。

(2011年9月現在)

介護保険を利用する ケアマネジャーによる支援 いろいろなサービス

あなたが閲覧したページですあなたが閲覧したページです

Copyright © 2001, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.