e-65 TOPページどうしたらいいの?この先どうなってしまうの?

この先どうなってしまうの?

認知症には、いろいろなタイプがあります。
いくつかの原因が重なって
いろいろなタイプの特徴が混じることもよくあります。
原因は同じでも、人によって、
不自由さや生きづらさの感じ方は異なります。
同じ人でも、日によって、時間によって
良い時もあればそうでない時もあります。

体験としての認知症
暮らしの中の認知症

脳や機能の変化も、人それぞれです。
認知症との付き合い方や得られる支援、
暮らしのありようなどによって状況は変化します。
また、抗認知症薬によって、
認知機能が低下する速度がゆるやかになったり
いまの生活を維持している人もいます。

今後、不自由さが増すかもしれないと思うと
「この先どうなってしまうの?」という不安は
ぬぐいきれないかもしれません。

でも、「この先どう暮らしたいか」を考えて
つくっていくことはできます。
そのためにも、出来るだけ早いうちから
認知症との付き合い方を工夫し、
得られる支援を活用していくことが望まれます。

いろいろな支援
暮らしをつくる

あなたが閲覧したページですあなたが閲覧したページです

Copyright © 2001, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.