e-65 TOPページどうしたらいいの?病院へ行くときの留意点は?

病院へ行くときの留意点は?

電話で確認する 時間にゆとりを持つ
ゆっくり休む時間をつくる  

電話で確認する

特に、初めてかかる医療機関の場合は
まず電話で問い合わせると確実です。

電話では、次のようなことを確認します。
・予約は必要か
・受診しようと考えている日・時間帯に診療を行っているか
 いつもは診察している時間でも、
 診察時間や担当の医師が変更になる場合があります
・受付時間
 診察時間と受付時間が異なる場合があります
・どのくらい時間がかかるか
 検査の種類などにもよりますが
 一般的にかかる時間を聞いておくと
 だいたいの目安になるかもしれません。

時間にゆとりを持つ

・到着はゆとりを持って
 緊張していると
 思うように言いたいことを伝えられなくなるものです。
 検査や診察の前に、ひと息つくゆとりがあると
 その場の雰囲気にも少し慣れてきます。

・受診の後にもゆとりを
 予約をしていても、待ち時間があるかもしれません。
 検査や診察に思いのほか時間がかかるかもしれません。
 検査をしたり、医師と話したりすることは
 思った以上に疲れるものです。
 受診のあとには大きな用事を入れず
 1日のスケジュールにはゆとりをもって
 できるだけ疲れをためないようにして下さい。

ゆっくり休む時間をつくる

いろいろな機械を使う検査や神経心理検査は
緊張し集中するのでとても疲れます。
何日もその疲れがとれないこともあります。
頭痛、体調がすぐれないなどの身体の変調や
イライラする、気が重いなどの気分の変調として
疲れがあらわれることもあります。

受診のあとは、
ふだん通りのスケジュールを無理にすすめず
心身ともに休む時間を多めに作ってください。
たとえば体操や調理、入浴など
毎日の日課にしていることでも
思いきって休んでしまう方がよい時もあります。

あなたが閲覧したページですあなたが閲覧したページです

Copyright © 2001, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.