e-65 TOPページどうしたらいいの?病院ではどんなことをするの?

病院ではどんなことをするの?

問診 検査
診断 説明

医療機関にもよりますが、
初めて認知症の相談で受診するときには
一般的に次のような流れになります。

問診

医師の診察の前に、
医師が知りたい情報を整理する用紙(問診票など)に
記入することもあります。

問診の内容は、
医師や受診した人の状況によってさまざまですが
おおよそ次のようなことを話します。
・今困っていることや感じていること、
 受診しようと思った具体的なきっかけや出来事など
・今かかっているほかの病気、飲んでいる薬など
・今までの病気やけがなど

病院ではどんなことを話せばいいの?
問診

検査

さまざまな角度から検査を行うことで
今おこっている状況を整理します。

・身体状態のチェック
 心電図、血液検査、レントゲンなど
・脳の画像検査
 CT、MRIなど
・神経心理検査

医療機関によっては、
PET/SPECT、MIBG検査を行うこともあります。
また、全ての検査を行うとは限りません。

神経心理検査とは
いろいろな神経心理検査
血液検査
画像検査

診断

問診や検査の結果から、
今おこっている状況を医学的に整理して
現在の時点で考えられる診断をします。

確定診断と臨床診断

説明

検査結果と診断をもとに
これからの治療をどのようにしていくか、
医師と話し合って方向性を決めていきます。
それによって、次の検査日や受診日などを決めます。
必要に応じて、ケアサービスなどの支援についてのアドバイスや
いろいろな支援の相談窓口を紹介されることもあります。

あなたが閲覧したページですあなたが閲覧したページです

Copyright © 2001, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.