「今」という時を生きる

私たちは一瞬、一瞬を大切にしながら、
「今」という時を生きることができる。

私たちにとっては
自分のまわりが 平和で安らかに感じられることが大切だ。
美しい庭やすばらしい自然は
その安らかさをたたえていて、
花のつぼみは みなぎる生命力をあらわしている。

引用:クリスティーン・ブライデン著
馬籠久美子・桧垣陽子訳
『私は私になっていく』クリエイツかもがわ
p.163、2004

あなたが閲覧したページですあなたが閲覧したページです

Copyright © 2001, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.