身近な人との繋がり

時間をかけて、何度も話し合って。

あなたが今、
認知症の不自由さや生きづらさの中にいること。
いつ、誰に、どのように話すべきか、
簡単には決められないかもしれません。
一人ひとりの生活、
それぞれの人間関係があるのですから、
正解も不正解もありません。

あなたをよく知っている身近な人だからこそ、
心強い繋がりを築ける可能性があります。
でも、身近な人だからこそ、
新しい関係を築くのに時間がかかることがあります。

あなたの状況について、認知症について、
今どのような支援が必要なのかについて。
何回も、時間をかけて、
話し合うことが必要になるかもしれません。
あなたも相手の人も、
すぐに考え方や生き方を変えるのは難しい。
だから少しずつ、
お互いに伝えあっていくことから
始めてみてはどうでしょうか。

どうか、あきらめずに、
人と人との繋がりを作っていって下さい。
初めからうまくいくことは稀でしょう。
失敗や対立もあるかもしれません。
でも、このようにして築かれた人間関係は、
あなたにとっても、相手の人にとっても、
かけがえのない財産になるのではないでしょうか。

あなたが閲覧したページですあなたが閲覧したページです

Copyright © 2001, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.