あなたに出来ること

あなたに出来ることは、たくさんあります。

認知症の診断は、
「出来なくなること」を決めるものではありません。
じっさい、今あなたは多くのことが出来ているはずです。
「認知症だから、こうしなければならない」
という決めごとはありません。
もし、あなたが
「認知症になると、こうなる」というイメージを持っていたら、
まず、それを捨てて下さい。
不自由さや生きづらさに、どう付き合っていくか。
あなたには、あなたの方法があるはずです。
それを、これから考え、作っていけばいいのです。

病気を変えることはできないが、自分の態度は変えられる。

引用:クリスティーン・ブライデン著
馬籠久美子・桧垣陽子訳
『私は私になっていく』クリエイツかもがわ
p.226、2004

心理テストで
「認知症」であると診断されたとしても、
すぐに話せなくなるのではないのです。
出来ることはたくさんあります。
又出来ないこともあります。

「養生」という言葉がありますが、
「認知症」だってそういう考え、
「養生」のありようを考えることが、
とても大切なことではないか、と私は思うようになっています。

そしてその「養生」には、
私なりの……、又、
あなたなりの……と付け加えることが必要だと思います。

引用:水木理『ブログ 認知症一期一会』
2006.06.11

あなたが閲覧したページですあなたが閲覧したページです

Copyright © 2001, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.