認知症の薬

認知症の薬(総論)

日本で使われている認知症の薬には
次のようなものがあります。

  • コリンエステラーゼ阻害薬

    脳の中でアセチルコリンを分解する酵素の働きを
    抑えることにより、
    脳内のアセチルコリンの濃度を高める作用を持つ薬です。

  • NMDA受容体拮抗薬

    グルタミン酸によるNMDA受容体への過剰な刺激が
    神経細胞の脱落をひき起こすという説に基づく薬です。

いずれも、
アルツハイマー型認知症の
認知症症状の進行を抑える目的で使用します。
疾患そのものを治すものではありません。

使用できる薬の種類や量は
アルツハイマー型認知症の症状と
生活の困難さによって決められています。

医師と相談しながら
その人にあった薬を使用することで、
症状が進むのを遅らせることや
生活の困難さを軽減することが期待されます。

認知症の薬(総論) アセチルコリンとアルツハイマー型認知症

あなたが閲覧したページですあなたが閲覧したページです

Copyright © 2001, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.