さまざまな認知症

血管性認知症

現在の国際的な取り決めでは、

  • 脳の血管が詰まる脳梗塞
  • 脳の血管が壊れる、くも膜下出血などの脳出血

などの、明らかな脳血管障害が起きたあと、
認知機能が低下した場合、血管性認知症といいます。

脳血管障害が起こると、

を伴うことがあります。
これらは治療が難しいことも多く、
血管性認知症に移行する場合もあります。

血管性認知症の特徴を次に挙げます。

  • 注意力の低下よりも意欲の低下が目立つ場合が多い
  • 急に泣いたり怒ったり、感情の起伏が激しくなる
  • ダメージを受けた脳の血管の場所によって、
    脳の中のある場所の働きは悪くなるが
    その他の場所の機能は比較的保たれていることが多い

脳の血管のダメージは、
高血圧や高脂血症、糖尿病などの生活習慣病と
密接に関連しているといわれています。

さまざまな認知症(総論) アルツハイマー型認知症 レビー小体型認知症
血管性認知症 前頭側頭型認知症 内分泌・代謝系が関与するもの
脳外科的介入が必要なもの 感染症や炎症が関与するもの 原因遺伝子が判明しているもの
錐体外路症状を伴うもの 臨床診断が難しいもの 若年認知症

あなたが閲覧したページですあなたが閲覧したページです

Copyright © 2001, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.