さまざまな認知症

若年認知症

若年認知症の原因疾患はありません。
認知症の原因を問わず、発症年齢で分けた呼び方です。

厚生労働省研究の定義では
「65歳未満で発症した認知症」が
若年認知症であるとされています。

日本認知症学会では、
発症年齢によって認知症を以下の3つに分けています。
 18〜29歳:若年期認知症
 40〜64歳:初老期認知症
 65歳以上:老年期認知症

さまざまな認知症(総論) アルツハイマー型認知症 レビー小体型認知症
血管性認知症 前頭側頭型認知症 内分泌・代謝系が関与するもの
脳外科的介入が必要なもの 感染症や炎症が関与するもの 原因遺伝子が判明しているもの
錐体外路症状を伴うもの 臨床診断が難しいもの 若年認知症

あなたが閲覧したページですあなたが閲覧したページです

Copyright © 2001, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.