e-65 TOPページ医学からみた認知症さまざまな認知症(総論)

さまざまな認知症

さまざまな認知症(総論)

認知症の原因となる疾患の割合を
日本の認知症の人全体からみた調査はありません。
ただ、各大学病院を受診した人を対象にした研究はあります。
それらを大きくまとめると、

といえます。
また、認知症の原因となる疾患が、
同時に複数存在することもあります。

現在では、脳の画像検査神経心理検査
遺伝子検査、脳脊髄液検査などの、
さまざまな検査が行われるようになりました。
そのため、臨床診断が可能な
認知症の原因となる疾患の種類も増えてきました。

さまざまな認知症(総論) アルツハイマー型認知症 レビー小体型認知症
血管性認知症 前頭側頭型認知症 内分泌・代謝系が関与するもの
脳外科的介入が必要なもの 感染症や炎症が関与するもの 原因遺伝子が判明しているもの
錐体外路症状を伴うもの 臨床診断が難しいもの 若年認知症

あなたが閲覧したページですあなたが閲覧したページです

Copyright © 2001, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.