e-65 TOPページわたしの暮らし2017年8月4日〜7月28日

印刷する

2017,8,4
吉田美穂さん

新宿からバスで戸台まで。
専用バスに乗り換え、
南アルプス林道を北沢峠まで。
山小屋の夕飯です。
明日に備えて全部美味しく頂きました。

2017,8,3
吉田美穂さん

明日から山へ行きます。
ちょっと強行軍なので、
不安と期待とが入り混じってます。

2017,8,2
吉田美穂さん

テニスクラブです。
昨日の大雨のせいか、
来る人が少なく、おかげで
待ち時間なしでできました。
調子は今いちですねー

2017,8,1
吉田美穂さん

いつものお茶会。
かわり映えのしない話題も
いつもの通り。
でも、
なんともいえない安心感があるかなー

2017,7,30
吉田美穂さん

来週末に甲斐駒に行くので
足りない物を買いにきました。
店に来るとあれもこれも欲しくなるので
気持ちを押さえるのが大変です。
基本有るものを使う、
もしくは代用する。ですが、
時期的に20%〜30%オフでニヤニヤ
替えズボンと靴下、下着を買いました。

2017,7,28 page1

認知症の人びとを取材した本を
やっと読み終わりました。
こんなに長い間
取材してくれてる人がいたのか。
いろんな人のおかげで
認知症への意識が
変わってきたのですねー
ベットに縛られてのところは
背筋が凍る思いです。

2017,7,28 page2

介護施設で働く友人の話を聞くと
今でも、人手不足を口実に
薬による拘束まがいが当たり前、
食事等の基本的なケア以外は
ほったらかしの施設もあるらしい。
認知症の偏見を無くすには
認知症になってから暮らす場所である
介護施設の在り方、も
重要ではないでしょうか。

2017,7,28 page3

施設で暮らす認知症の人の姿を見る
周囲の人や介護している人たちが
「こうは、なりたくない」って
思ってしまう。
そこにも偏見の種があります。
絶対入りたくない施設か、
まあ入っても良いかなという施設か。
この違いは大きいよねー
施設だけでなく介護や支援の形かな。

わたしの暮らし 認知症と、よりよく生きるわたしの暮らし 認知症と、よりよく生きる

吉田美穂さん 吉田美穂さん
(よしだ みほ)

1948年生まれ。
認知症と診断された後も、暮らしは続いていく。
「どう生きるか」自分なりに考え、自分の道をみつけていこう。

Copyright © 2001, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.