佐藤雅彦さん
2014年11月8日

羽田空港にて搭乗口を確認する雅彦さん。

飛行機は何度も乗ってるけど
空港は苦手ですね。
案内板で確認しても
広いし、いくつも入口があるので
ここでいいのか?と
不安になるからね。

旧来の知人を通じて、講演の依頼があったので
今日はこれから熊本に向かいます。
「空港は苦手だけど、旅は好きですよ」

ポケットのものを出したり
チケットを用意したり
同時進行で気を配ることは
非常に集中力を使うんだよね

「後ろに人が並んでいると気が焦って、
チケットが見つからない、なんてことになるんだよね」
「誰か傍にいるだけでいいんです。何かあっても大丈夫と思えるから」

「座席を探すのが困るので
ここからは、
先に歩いて下さい」
と雅彦さん。

「私の場合、目的地まで先に歩いてもらう方がいいんです」
「自分が先だと、意識的に色々なものを見て確認するのが大変なんです。
信頼できる人が前にいれば、後をついていくだけですむからね。
あ、でも、人によっては、自分が先に歩いて
間違えそうになった時だけ声をかけてほしい、ということもあるので
人それぞれ、尋ねてもらえるのが一番ですね」

シートに身を沈めてほっと一息。
「今日の仕事の半分は
これで終った感じ。
飛行機に乗るまでに
疲れ切ってしまうんだよね」

講演終了後、ホテルにチェックインしてひと休みしたら
知人や地元の人の招待で歓迎会へ♪

笑顔が戻りました。

少し横になるだけでも
疲労の回復に
役立つそうです。

ビールで乾杯!の後は、名物料理に舌鼓。
知人との久しぶりの再会、新たな出会い。
「楽しみがあると、疲れても、心地よい疲れなんだよね」

飛行機での移動、
講演、歓迎会。
長い1日も終ろうとしています。

熊本城を臨む部屋で
おやすみなさい★

わたしの暮らし 認知症と、よりよく生きるわたしの暮らし 認知症と、よりよく生きる

佐藤雅彦さん
(さとう まさひこ)

1954年岐阜県生まれ。
「認知症になると不便なことは増えるが不幸ではない」ことを広く多くの人に伝えたい。

Copyright © 2001, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.