佐藤雅彦さん
2014年10月18日

今日は新宿駅で待ちあわせ。
友人に頼まれて、認知症サポーターステップアップ講座で講演します。

――今日のネクタイ、
似あってますね!

私も一応気を遣ってますよ
いつも同じじゃいけないから
日によって選んでます

小田急線で町田に向かいます。
町田には、何人も知り合いや友人がいる雅彦さん。
JRからの乗り換えも、慣れた道なので、心配ないそうです。

「あちこち出掛けてるけど、ロマンスカーは初めて」
「指定席のある乗り物は、座席を探すのがひとりだと難しいんですよ」

町田駅で友人と合流
友人の車で会場に向かいます

「シートベルトはしないとね!」
あっ…道、間違えちゃった…
友人のつぶやきを耳にした雅彦さん

「いいんじゃないの?
違反してなければ・・・」
と笑ってひと言
「お茶は重いから私が持ちますよ」
「じゃあ、お願い〜」

お互いに遠慮なくつき合う
雅彦さんの友人関係です
迎える人、迎えられる人
今、この時を喜びあう・・・

雅彦さんの人づきあいは
いつも、喜びとともにある。
そんな風に見えます

雅彦さんは言います。
「認知症になって、それまでのつき合い、繋がりが切れた人もいますよ。
でも、自分から外へ出るようになって、
新たなつき合い、繋がりがたくさんできました。
仕事人間だった頃よりも、知人友人はだんぜん多いです」

人間関係を大切に
つき合っていきたいですね

わたしの暮らし 認知症と、よりよく生きるわたしの暮らし 認知症と、よりよく生きる

佐藤雅彦さん
(さとう まさひこ)

1954年岐阜県生まれ。
「認知症になると不便なことは増えるが不幸ではない」ことを広く多くの人に伝えたい。

Copyright © 2001, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.