石川 恵子さん
2014年10月13日(1)

午後1時25分。カラリと引き戸が開き、恵子さんがやってきました。
ここは、恵子さんの職場のデイサービスです。

今日は雨だったよー
家はすぐそこだけど
ちょっと濡れちゃった
みんなに会えて ほっとしたよー

ここに来ちゃえば大丈夫だけど・・・
家を出る前がね、
「行きたくないな」って。

「家の近所をひとりで通るのがね、嫌なこともあるから」
「でも、『行きたくない』って言ったら、母が、肩をね、ぽんと叩いて
『ほら、行っといで、行けば皆に会えるから』って。
『あんたの好きな、炊き込みご飯つくっとくから』って。
厳しい母だけど、感謝してるよ」

――「ここは私の居場所」っていつも言ってるのに、
「ここに向かうのは気が重い」のは、どうしてですか?

「家と、どこかの間をひとりで行くのが嫌。
(認知症のことを)公表しちゃったから、色々とね・・・
こっちをチラッとみて、何か言われることもあってね」

ほかのスタッフも一緒に恵子さんと仕事したり、次にすることを伝えたり。
ここでは恵子さんは、チームの一員です。

ここの人は皆、いい人だよ
「ゆっくりやんな」
「こうしとくからね」
って、声をかけてくれるから安心
次はどうしようって思っても
何度でも教えてくれるしね

わたしの暮らし 認知症と、よりよく生きるわたしの暮らし 認知症と、よりよく生きる

石川恵子さん
(いしかわ けいこ)

1963年静岡県生まれ。
悔しいこともあるけど「前向き!」を合言葉に、みんなで楽しむ時間をたくさんつくりたい。

Copyright © 2001, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.