永尾浩さん
2014年9月12日(2)

浩さんと家族ぐるみでおつきあいのある
松浦さん宅近くの住宅街。
これから、ボイストレーニングに行くのです。

初参加の女性を交えて道端会議中

「そろそろ参りましょうか」

松浦さん夫妻に誘われて始めたボイストレーニングですが
以前、町田市の男性合唱団にいた浩さんにとって
単なるお遊びではありません。

腹式呼吸、発声練習の後は
譜面をみながらの合唱です

浩さん夫妻と松浦さん夫妻。
オヤジギャグで周りを笑わせる、いつもの顔とは違います。

この日、浩さんは、歌詞の解釈について問題提起しました。
「譜面では『行きたい』になってるけど、
これは、『いきたい』なのか『ゆきたい』なのか。
耳に綺麗なのは『ゆきたい』だよね」
みんなで協議した結果
「どっちも歌ってみて、よい方にしよう」ということになりました。

歌はいいですね。
自分にとって
昔からやっている楽しみですから。
お遊びではなく
真剣にやれるのがいいんですよ。

わたしの暮らし 認知症と、よりよく生きるわたしの暮らし 認知症と、よりよく生きる

永尾浩さん
(ながお ひろし)

1936年福岡県生まれ。
自由人としての生き方を大切に、1日の終わりに美味しいお酒を飲めるよう、よい時間を過ごしたい。

Copyright © 2001, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.