雨が降っています

朝、五時半に起きました。
お父さんと一緒に朝散歩しようと思ったのです。
でも、雨が降っていました。

散歩は中止です。
このところ、気分が良くて身体が動きます。
早起きしたので、お父さんの靴を磨こうと思いました。

どの靴を履いていく?と聞いたら
茶色、と言うので茶色の靴を取り出しました。

茶色だよ。 
ハイ、分かりました。
茶色!
は〜い、茶色ですね〜。

何か、そんな風に応えてしまいました。
すると、お父さんも上がりがまちに座り込んで、
一緒に靴磨きを始めました。

ハイ、ブラシ
ハイ、布
ハイ、クリーム
  ・
  ・
と、手渡しでいろいろ手伝ってくれました。
これでいいか、とか
まだまだ、とか
そんな会話でしたが、何か楽しくて
共同作業って面白い、と言いましたら、
危うく、茶色の靴に黒のクリームを
塗られるところだった!と。

あら、そうだったの?
まあ、靴の一足くらいどうなってもいいんだけど
お前さんが嬉しそうだったんで、
一緒にやって あ・げ・た!

……ありがとう、お父さん
言うことが、見つからなかったので
早起きは三文の得 と言ったら、
あはは、と笑って出て行きました。

引用:あやちゃん
『ブログ もの忘れネットカフェ2号店』
2007.03.16

あなたが閲覧したページですあなたが閲覧したページです

Copyright © 2001, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.