免許証をお返しする

今日は免許証の更新の日でした。
35年間お世話になりましたが、
お返しすることにしました。

車はもう運転しなくなっていましたが、
何かとめるものがあり
なかなか返す気にはなりませんでした。
悔しかったのだと思います。
その時のことが書かれてありました。

******

2005/3/1(火)
不安がある。
考え方を変えないといけないと思うが
アルツハイマーのことが頭から離れない。

今日は診察の日だった。
ドクターから、
車は運転しないでくださいと言われた。
なぜですか?と私は聞いた。

アルツハイマーの人は
車の運転をしてはいけないことになっています、
と言った。
なぜ?なぜなのよ?と思ったが言葉にはならなかった。

ドクターは私の顔を見なかった。
私の目から涙が落ちていたからだと思う。

今日は、車を運転してきましたが
どうすれば良いでしょうか、と聞いてみた。
看護婦さんが、
気をつけてお帰りください、と言った。
悔しかった。
ひとりで運転して帰ってきた。
何も起こらなかった。

******

今、その時の悔しさが分かりません。
持っていたいと止める気持ちもありません。
何かが、変わっていったのだと思います。

今日は、久しぶりに、
生け花の先生が来てくださいました。
ワレモコウとガーベラに庭の花を足して活けました。

その時に先生が、
「花は、咲いているだけで幸せなのね」
とおっしゃいました。
なぜかこの言葉を忘れないでおきたいと思いました。

引用:あやちゃん
『ブログ もの忘れネットカフェ2号店』
2006.10.05

あなたが閲覧したページですあなたが閲覧したページです

Copyright © 2001, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.