孤立感

今日でもというべきか、
以前はと言うべきか……迷うところですが、
孤立感に苛まされることには、
変わりはないのでは……と思います。

最近では……伝染する……病と
言われることはなくなりましたが、
「何もわからなくなる」とは言われています
(注:2006年10月10日)
患者自身がそう聞かされて、
そう思い込み、悩まされているのです。

周りの方は、
どうしてあげたらいいのか……が分かりません。
みんな……寝たきりにいつなるのか……と、
おそるおそる看ておられるのです。

「僕らはそう急いで答えられないんだよ」という言葉を、
分かってほしいと思います。
ゆっくりペースであれば……、
思い出すことが出来る時もあります。
答えることができる時もあります。

そんな……何十秒かの時間の違いで……、
「この病」の人を見はなさないでほしいのです。
孤立感は……とても辛く寂しいのです。

引用:水木理
『ブログ 認知症一期一会』
2006.10.10

あなたが閲覧したページですあなたが閲覧したページです

Copyright © 2001, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.