世界はあまりに速い

世界はあまりに速く、私はあまりに遅すぎる。

車の運転手にとって、私は最悪の乗客だ。
運転手は私の反応時間が遅いことに気づくだろうし、
私の方は、
車のスピードや、前の車に近づいたりすることや、
自分のまわりで起きていることの速さに
大きなストレスを受ける。
だから私はギョッとしたり、キャッと言ったり、
イラついたり、文句も言う!

私を車に乗せてどこにでも連れて行ってくれる
ポールのミドルネームは「忍耐」だ。

都会の道路事情は私を疲れさせるので、
私は飛行機用のアイマスクを携帯し、
目に当てるようにしている。

特に夜は、
明かりや動きがあわただしすぎるので、
これは大いに役に立つ。

引用:クリスティーン・ブライデン著
馬籠久美子・桧垣陽子訳
『私は私になっていく』クリエイツかもがわ
p.133、2004

あなたが閲覧したページですあなたが閲覧したページです

Copyright © 2001, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.