回転すると

水墨画に懲りだした笙子さんが、
座布団だけでは膝が冷えるといったので、
使いふるしの電気コタツを物置から出しました。

フトンカバーで包んでありましたが、
開けて見ると
ほこりのかたまりがあちこちについていました。

はたきや雑巾で
掃除をしたのですがうまく取れません。

……ということで、
電熱器の部分をはずして掃除機で吸引しました。
でもほこりの玉が残りました。

仕方なくビスをはずして、
ちりの固まりを取り除き、
元の形に戻すように螺子回しを持ったとき、
螺子回しの先が
手前向きなのか……
向こう向きなのか……
迷ってしばらく手が止まってしまいました。

仕方がないので
一休みしてから取り付けました。

左右を反対にするとか、回転させるとかに
途惑う回数が増えたように思います。

とくに疲れた時にあるようです。

心理テストでも左右に回転……
うんぬんということをしたように思います。

一回りして元に戻す……とかが難しいのです。
だから、食事の時に、
箸を反対に並べられる……と、
途惑うことがあります。
回転することが
とくに難しくなっていくのかもしれません。

迷った時には、一度休んでから、
始める……と苦もなくできるのです。

という不思議なお話です。

水木理
『ブログ 認知症一期一会』
2006.02.26

あなたが閲覧したページですあなたが閲覧したページです

Copyright © 2001, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.