ケアパートナー

介護者と病人というレッテルを
自分たちに貼ることをやめて、
ケアパートナーシップにならなければならない。
認知症(原文では「痴呆」)の旅の中で
新しい役割を受け入れ、
協力し、
適応していかなければならない。

私は認知症とともに生きるサバイバーになり、
あなたはその旅における私のケアパートナーになる

引用:クリスティーン・ブライデン著
馬籠久美子・桧垣陽子訳
『私は私になっていく』クリエイツかもがわ
p.202、2004

あなたが閲覧したページですあなたが閲覧したページです

Copyright © 2001, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.