どうか、聞いてほしい

もしかしたらそうかもしれない。
まさか、自分が…とも思っていたけれど
認知症と診断されました。

優しいあなたは、こう言ってくれるかもしれません。
「誰だって疲れていると集中できないし
ちょっとしたことを忘れることぐらいあるよ。
自分もそうだもの。」

ありがとう。
わたしもずっと、そんな風に思いこもうとしていました。
年齢のせいにしたり、疲れのせいにしたり
何かほかの原因があるのではないかと
あらゆることを考えました。
けれど、今では
過去に経験してきた疲れや不注意、もの忘れとは
全然違うことなんだと自分で分かっています。

だから、否定しないでほしいのです。
わたしが認知症だということ。

あなたが閲覧したページですあなたが閲覧したページです

Copyright © 2001, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.